家族が変わったこと

導入後、ココが変わった!

東日本大震災以来、原子力発電の仕組みに対する嫌悪に近い拒否感は、日本中に蔓延して、既に民間レベルという話ではなく、国策レベルのところまで来ています。

したがって、火力発電所が急遽スポットを浴びて、火力発電所がフル稼働で回ったり、太陽光発電システムが改めて注目を浴びるようになってきました。
無尽蔵に地球にふりそそぐ太陽光から電気を作りだす太陽光発電は、東日本大震災の10年以上もまえから、地方都市では取りつける家がぽつぽつとは有りました。
ただ、原子力に頼らない発電ということで、去年、今年と政府レベルで定着が力強く進められました。
太陽光発電セット単体の低価格化、行政の補助金の充実、そして買電システムの確立が、非常に短い期間で整備されました。
その結果として、家庭用太陽光発電システムは、広く個人レベルで定着してきました。
利用者の声では ①電気の使用量が見えるので、家族がまめに照明のスイッチを切るようになった。
②余った電気を、電力会社に買い取ってもらえるので、お金儲けが出来る ということがあげられています。
省エネの強い動機づけがいつもあるということは、楽しい省エネ活動を続けられるということを今、体感して暮らしています。