福岡で太陽光発電を導入する時の注意

太陽光発電は最近注目を集めているので、福岡にお住まいの皆さんの中にも自宅に太陽光発電システムを導入したいと考えている人が大勢いると思います。
福岡で太陽光発電システムを導入する際にはどのようなことに気をつけたら良いのでしょうか。
太陽光発電システムを導入するにあたって、まず気になるのは費用のことだと思います。
太陽光発電ではつくった電力を電力会社に売却できるので長期的には設置費用を回収できると言われますが、本当なのでしょうか。
答えとしては「回収できるかもしれないし、回収できないかもしれない」というのが正しいところでしょう。
回収できるかはあくまでも条件次第となります。
設置費用を回収するためには、まず設置費用をなるべく安く抑えることが重要です。
最近は太陽光発電システム自体が低価格化しているのでそれほど心配する必要はありませんが、屋根の形が特殊だったりして特別な工事が必要となる場合には設置費用が高く付く可能性があります。
また、設置時には国だけでなく福岡県や福岡市などから補助金が支給されるので、設置費用を安く抑えることができます。
費用面では設置費用だけでなく設置後のメンテナンス費用も気になるところです。
太陽光発電システムは太陽光パネルの寿命が20年ほど、パワーコンディショナーの寿命が10年から15年ほどと言われています。
太陽光発電システムは20年間ほど使い続けることになるので、太陽光パネルの交換は必要ありませんが、パワーコンディショナーについては1度は交換することになるでしょう。
パワーコンディショナーは30万円ほどするので、この価格もあらかじめ考慮に入れて計算するようにしましょう。
ただし、多くのメーカーは10年間の無料保証が付いているので、もしも10年以内に太陽光パネルやパワーコンディショナーが故障した時には無料で交換してくれるので安心です。
また、数年に一度行われる定期点検も多くの業者が無料化しているので特別な出費はありません。