良いものを選ぶ

設置時のポイント

今、太陽光発電システムは、新築場合には標準装備になっていることもあるくらい、非常に一般的になってきた。
よく言えば、それだけ性能が上がってきている。
つまり、太陽光発電システムを導入したことによるメリットが大きくなっていると言うことだ。
そして、新築以外の家でも、太陽光発電システムを新たに設置する家が増えてきている。
これらを後押ししているのが、政府の電力買い取り制度だ。
私もマンション住まいでなかったら、是非この太陽光発電システムを導入したいとおもっている。
是非、マンションでも設置できる制度を作ってほしいと思っているくらいだ。
一方で、急速にこの太陽光発電システムが普及するにつ入れて、様々なトラブル事例が増えているのも事実だ。
その代表例が、取り付け時に起因する家屋(屋根)への損傷や設置不十分による太陽電池の脱落等のトラブルだ。
そして、次に多いのが、想定していたよりも発電量が低いと言ったトラブルである。
発電量については、購入者の勘違いや必要以上の期待によることも少なくないようだが、性能不良によるトラブルも少なからずあるようだ。
今後、設置から数年経った段階で、経年劣化によるこういったトラブルが増えてくるのではないかと言われています。
太陽光発電システムは、一度取り付けたらほぼその家を取り壊すまで設置し続けることがほとんどです。
そして、多くの人が、設置費用を売電によって回収することを期待しています(私が、設置したいと思っているのも、そのリターンを期待しているからです)。
そういった人は、太陽光発電システム設置業者はもちろん、どの太陽光発電システムを導入するかもしっかりと検討した方が良いでしょう。
安くてもすぐに発電力が落ちてしまったり、トラブルが多いようなシステムでは、初期投資額を回収できなくなってしまうからです。